So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

X100Fと戸籍謄本

DSCF0398.jpg
FUJIFILM X100F (フィルムシュミレーション ASTIA)

月桂樹の葉っぱです

幼いころ食欲がないアタシを母が心配し
大きな病院で検査をした記憶があります
大昔のことですから
大した検査ではなかったと思います
結局は
生まれ持ったものだから心配ないという結果だったよう思います
要するに
根本的に胃弱なわけです

DSCF0399.jpg

ですから
胃に良い!と聞くものは なんでも琴線に触れます
最近では湯上がり時に月桂樹の葉っぱを飲んでます

DSCF0401.jpg

これが意外にも効果があって
もっと早く気づけば良かったと

月桂樹の葉っぱも 色んなメーカーがありまして
どこのものがアタシに合っているかテスト中です

DSCF0614.jpg

しかし
ここで驚くべきことに
胃弱なのに食い道楽というアタシ

毎日毎日

ランチは

メッチャクチャうまっ!

DSCF4415.jpg

もちろん

お約束の

アイチュクリーム

メッチャクチャうまっ!

DSCF5980.jpg

さて
「日本人は楽しむのが下手?」
検索すると バーッ!って出てきます

異常に生真面目で堅苦しく息苦しいという側面がある日本人
それもこれも
周囲の評価(世間の査定とも言う)が
異常に気になる国民性でしょうか?
ですから
遠藤周作氏の的確な言葉
「仏像のように表情のない日本人の顔」
一体
生きていて何が面白いんだろうか? という
日本人が最も似合う「しかめっ面」

結局は
持って生まれたもの?

おそらく
日本人が
大地震よりも津波より何よりも恐れている「世間の目」
病的な 気の小ささでしょうか?
あるいは
何も出来ないけど
少なくとも悪いコトはしていません
という
病的な良い子主義でしょうか?

当たり障りのない国民性

すべては 世間に対する写真映りでしょうか?

ということで
昨年の今ごろシリーズ

ナポリのバールで写真映りを気にして自撮りするアタシ

DSCF0537.jpg
FUJIFILM X70

DSCF0528.jpg

いやそれにしても
ナポリのバールでエスプレッソを飲んでいる瞬間は
アタシが生きている瞬間でサイコーです

DSCF0513.jpg

ナポリ名物 スフォリアテッラ

メッチャクチャうまっ!
DSCF0506.jpg

そんな気分に浸っていた時

ある事で戸籍謄本を取ることになって役所に出向いた

戸籍謄本なんて
生きている間にそう何度も取る機会はない

どうやらコピー出来たようで
職員が じーっと見て確かめている

「Damsel様 」って役所職員の若いオンナノコ

「これでお間違いないでしょうか?」ってオンナノコ

職員のオンナノコと一緒に目を通す感じで・・

0.jpg

当たり前だが
戸籍謄本なのでこう記載されているが・・・・

何気なく
頭の中はすっからかんで役所へ行ったものの

もう随分と時間が経過した過去の事だが
改めてこのようなタイミングでこう見ると
なんだか急激に気持ちが沈んできてしまった

R0026816.jpg
GXR A12 50mm

「地軸に 聞いてみなよ 彼は 何でも知ってるぜ」

帰宅してジミヘンを聴いた


The Jimi Hendrix Experience - Bold As Love


X100Fと忖度

DSCF0300.jpg
FUJIFILM X100F (フィルムシュミレーション PRO Neg. Std)

気になるインドカレー店が 後2軒あったんだけど
あれ?
日課のスロージョギング中に見つけた

我が家から走れば2分の場所に
インドカレー店がオープンしてるじゃない

もう2週間になるという 
気づかなかった

こういうことを昭和の言葉で「灯台下暗し」と言う
今ではもう年配者でも使わないかもしれない

DSCF0293.jpg
(フィルムシュミレーション PROVIA)

さてと
ここでもカレーじゃなくてシークカバブだ
アタシのお目当てはシークカバブだ

「マトンのシークカバブはありますか?」ってアタシ

店員さんは全員インド人

「チキンとミックス」って たどたどしい店員さん

いや 残念
ま とにかく「じゃ シークカバブ」って注文


DSCF0295.jpg
(フィルムシュミレーション PRO Neg. Std)

カウンター越しから厨房が見える
アタシが注文したシークカバブが串刺しになって待機している

Damsel家のバカ息子であるアタシは
またしても考えてしまった
遠くインドからやって来て
立場が反対だったらと

そんなことを考えながら

来た来た来た

メッチャクチャうまっ!

DSCF0303.jpg

まあ マトン100パーセントではないが合格だろう

カレーはフツー(石橋貴明 風)

DSCF0297.jpg

インドカレーを食べた後のアイチュクリームは格別だ

メッチャクチャうまっ!

DSCF0350.jpg

さて
気まぐれでやっている昨年の今ごろはシリーズ

ナポリで毎日通ったトリッパ専門店

DSCF0579.jpg
FUJIFILM X70

ここのトリッパを食べる為だけに
わざわざナポリまで 飛んでもいい と 思うほど

DSCF0582.jpg

シチリア産のレモンとトラーパニの塩をパラパラッっと

ピーニャ・セッカ通りの道行く人を眺めながらのトリッパ
ほんとうにサイコーです

DSCF0587.jpg

話はまるっきり変わりますが

そう言えば X-ファイル 2016のことをすっかり忘れてた

早く借りてこよう
vhhyygf.jpg

R0026799.jpg
GXR A12 50mm

「究極の民主主義の姿は忖度」と言う橋下徹さん

「安倍晋三氏や昭恵夫人の直接の口利きはあったのか?」
  との質問に対して

「直接ではなかったが忖度があったと思う」と答えた篭池さん

「忖度」
それにしても日本語は異常に病的で細かい
気の小さい国民性であることが浮き彫りになる
絶妙なニュアンスだ

まさに
本音と建前の文化
これぞ「ザ・日本語」って感じ

ここはひとつ
モルダーとスカリーに来てもらって
真実を暴いてもらうしかないだろう


Mulder, Scully and Jimmy Kimmel in The X-Files


X100Fと稀勢の里

DSCF0498.jpg
FUJIFILM X100F (フィルムシュミレーション PRO Neg. Hi)

相次ぐ百貨店の閉店
百貨店だけじゃなく
久しぶりに来てみた場所に
「長年のご愛顧ありがとうございました」を 幾度となく見る

いや
長年だったらまだマシ

それでもこれから先
生きていかねばならない若者たち
何を言っても別に
老い先短い石原慎太郎さんとは違うこれから先の若者たち

そんなことを考えながら
いつの間にか増えているコーヒースタンドへ

「エスプレッソを お願いします」とアタシ

先日も書いたけれど
ここでもまた
「30cc ぐらいの量ですが いいですか?」って店員のオンナノコ

このエスプレッソなやり取りに慣れてきたアタシは
最近はブチ切れなくなった


店内に懐かしいパボーニがあった

DSCF0479.jpg

「懐かしいパボーニですね」とアタシ

「え 知ってルンですか?」ってオンナノコ

「大昔 使っていたんですよ」てアタシ

「全然使ってなくて
 オブジェになっちゃってるんですよ」ってオンナノコ

数十年前
学生だった頃 アルバイトをし
二年越しで
南青山のイタリア商事で やっとこ買ったパボーニ

エスプレッソの情報は皆無だった頃
クレマのことを “泡 アワ” なんて言っていた

そんな会話をしていたら

もう1人のアンチャンの方 店主さんか?
急に真顔になってエスプレッソを抽出する用意に入った

クロワッサンも一緒に注文した

最近主流のアメリカ西海岸経由の酸っぱいエスプレッソ
目をつぶって飲めばレモンティーと言われても疑うことない

要するに
大型百貨店の大量閉店を筆頭として
良いとか悪いとかではなく
不景気と言うよりも 時代が入れ替わるのかもしれない

DSCF0490.jpg

それにしても「良い悪い」と言っても
人間は別に「良い悪いの山」を 登っているわけじゃない
いつの日か「山の頂」を目指しているわけじゃない
じゃ
何しに来てるの?
って聞かれたら まともに返答できない

そんなことを考えながら

ちらし寿司ランチ

メッチャクチャうまっ!

DSCF6012.jpg

もちろん
“生きている間だけ” にしか食べられない

アイチュクリーム

メッチャクチャうまっ!

R0026563.jpg

そう言えば
ここで話はまるっきり変わりますが
昨日のアクセス数は異常過多でした
どうしてだろ?
いつもと違ったと言えばプロチダ島の画像をアップしたくらい

DSCF1015.jpg
FUJIFILM X70

DSCF0881.jpg

DSCF0885.jpg

この辺の名物パスタだと言う

昭和のハエ取り紙を全部引き出さないで
少しだけ引っ張った時の感じのパスタ

メッチャクチャうまっ!

DSCF0841.jpg

ということで
稀勢の里 優勝しましたね

アタシのような一般的な労働者は
とりあえずは「盲目的な生きんとする意志」だけで
辛うじて生きています
そこに「感動」というスパイスを たまに振りかけられて
言い方は悪いのですが
誤魔化されて寿命まで誘われます
翌日のメディアはこれで埋まるわけです
いつの日か終わる時まで
あーでもないこーでもないで “埋まる” わけです

そうすると
私たちが認識できているこの世界とは・・・・
R0026786.jpg
GXR A12 50mm

プロチダ島でセルマ・ブレアに似たオンナノコを見かけました

クルーエル・インテンションズを思い出しました

Cruel Intentions


前の3件 | -