So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

猫かぶりの日本人

DSCF2542.jpg
FUJIFILM X70 PROVIA

全国のサッカー ファンじゃなくて
オレンジジュース ファンのみなさま

そこの 猫かぶりの日本人[どんっ(衝撃)]

オレンジジュース 飲んでますか[exclamation&question]

いよいよ
本格的にオレンジジュースの季節に突入しましたね

ということで
シチリアのオレンジジュース売りの娘さんです

私は
「女に惚れるFIFAワールドカップ」があれば
上位入賞する自信があります
わずか数秒
もうすでにこの娘に惚れてしまいました
DSCF2543.jpg

オレンジフェチの私ですから
なんてったって
ブラッド・オレンジジュースを楽しみにしてました
しかし
ブラッド・オレンジジュースでは全く通じませんでした
どうやらブラッド・オレンジジュースは
シチリアでは和製英語だったようです

今まで飲んだオレンジジュースでイチバン美味かったのは
パリのクレイジーホースサルーンで飲んだヤツでしたが
それを超えました

メッチャクチャウマッ!
DSCF2971.jpg

さて
イタリアの画像を整理していましたので
めんどくさいので
本日はイタリアの写真を貼り付けて終わりです
ですから
今日はいつもの偏屈なお話はありません

【画像は全部「FUJIFILM X70 PROVIA」】

このバカデカイ水牛のモッツァレラ・チーズ
なんと1個¥600
DSCF1463.jpg

2日1度はここのピッツァを食べてましたが
もちろん
この娘にも惚れてしまいました
DSCF1450.jpg

マラドーナが酔っぱらって暴れていたという
ナポリの路地裏
DSCF0563.jpg

ナポリの友人
ジーノとイザベラ
DSCF0809.jpg

なんでだか知らないけど
イザベラのニックネームがクイーン
DSCF0808.jpg

今や日本のがパスタ屋が多いんじゃないか?

思っているほど
そんなにパスタ屋が多い?って感じはないナポリのパスタ

日本よりもパスタ屋を見つけるのに苦労した

メッチャクチャウマッ!
DSCF2856.jpg

ナポリのおまわりさんなんか
仕事しながら街頭テレビのサッカーにくぎづけ
日本ですと大変な騒ぎになるかもしれませんね
DSCF0356.jpg

ナポリと言ゃエスプレッソの聖地
DSCF0180.jpg

もちろん
この娘にも惚れてしまったが人の妻
DSCF0394.jpg

ナポリではほぼレバーマシン
DSCF0377.jpg

そしてこれがナポリでシビレた
マドンナ・デッラルコ
DSCF1281.jpg

私のイタリア滞在中で撮った最高傑作の動画です
ニーノ・ロータの名曲揃いゴッドファーザーですが
幼い頃から
ニーノ・ロータはこのような旋律に触れていたんだと思わせる
シビレてシビレて シビレまくったナポリの
Madonna dell'arco via Napoli



DSCF1693.jpg

またシチリアです

シチリアと言えばジェラートですね
日本ですと
アイチュクリーム

メッチャクチャウマッ!
DSCF2861.jpg

そして
ゴッドファーザーで小道具で出てくる
カンノーロですね

もちろん
この娘にも惚れてしまいましたが人の妻
fgg.jpg

そして
シチリア・マフィア
我らがゴッドファーザーでしょうか
DSCF2844.jpg

この社会はどうしてうまく 事が運ばないのか?
おそらく
裏切り者が必ず出てくるからでしょう

ドン・コルレオーネ「仲介話を持ってくる奴が裏切り者だ」

まさに名付け親
ちょうど
洗礼式をやっていたシチリア・タオルミーナの教会
DSCF2944.jpg

ヨーロッパのタングステン光はいいですね
DSCF1909.jpg

なんだか今日は思ったより長くなってしまいましたね
それにしても
いつも思うんですが
「あたしは オレは 良い子です」
本音と建て前の文化

“猫かぶりの日本人” はつまらないですね

日ごろ
女の子に興味なさそうな外面していたり
男に興味なさそうな大層らしい女性
サッカーの時だけ渋谷の交差点で発散したり
つまらないセクハラで捕まることしないで
好きな娘がいたら意気地だして
「スキだ!」って言え!

断られたら仕方ない
外は32度でも
アタマから毛布をかぶってエビのようにうずくまり
3日ぐらいで治まる

なにが少子化だ!

子供がいなくなると・・
極端な事言えば
誰も子作りしなくなったら
今日生まれた子が100歳まで生きたとしても
その前に日本は終わる

少なくとも
私は悪い事などなにもしません
石橋を叩いて渡るどころか
最初から石橋にさえ近づきません
とても真面目ですという
四六時中
外ヅラ 能面ヅラで疲れ果てているそこのあなた
いよいよ暑さ本番ですね

The Godfather Waltz

大衆の子

DSCF5690.jpg
FUJIFILM X100F ACROS+G

『追い越す人にこずかれても 身動きしない』

『じっと耐えるのが つとめと信じてる』

三善英史さんの「雨」の歌詞の一部です

あたり前と言えばそうなんですが
とても ザ・日本人 な歌詞ですね
というか
欧米人で すぐ ピン!とくる人は皆無かと思われます

DSCF5671.jpg
FUJIFILM X100F PRO Neg. Hi

さて
私の母親は芸者ではありませんし
少年時代に芸者の置き屋で育ったわけではありませんが
ずーっと水商売でしたので
芸者さんの出入りがありました

店の2階がお座敷になっていて
まさに
宴会って言えば
和田弘とマヒナスターズ「お座敷小唄」全盛期の時代
色んなお客さんがお見えになり
あ〜
なんて世間には色んな人が溢れているんだ と
そう思っていました

そんな私は
ほぼ小学校3年生ぐらいで
大人たちの
“生身のほんとうの姿” を把握してしまっていました

政治家との繋がりなしで
大きな仕事なんか取れるわけがありません

世の中をほんとうに変えるとしたら
政治ではなくて「道徳」をやるしかありません
システムなんて二の次です

人間が「こころ」と言うのは
ほぼ「道徳」のことなんでしょう

しかし
ここで頭を抱えてしまうのは
人それぞれ違うということです

刑事ドラマで犯人役がいなくては
誰も観る人はいないのと同じですね
第一話で終わりです

そうと知っていながら
まるで始めて聞いたかのように
毎回 それに酔うって どういうこと?

すべては
ものすごいトリックの傑作に誘われてしまっている?

そんな私も
自分のことはわかってはいない

大好物の石焼きビビンバ

メッチャクチャウマッ!
DSCF5629.jpg

もちろん

お約束の

アイチュクリーム

メッチャクチャウマッ!
DSCF3936.jpg


150715_143635.jpg

人間って
その 最初の頃に宿ってしまうんでしょうか?
その後の人生を決定づけてしまうんでしょうか?

三善英史さん 円山・花街のまんまです

雨にぬれながら たたずんでいます

梅雨のタイミングを考えて「雨」を発売したのでしょう

三善英史 「雨」

ご都合主義

DSCF5681.jpg
FUJIFILM X100F アドバンストフィルター

サッカーの趣味はない私は
「社会適合性の圧力」(世間とも言う)は 意に介さない

小さな国 日本ですから
今この時期
私の職場では
サッカーを観ない人はセクハラだと言われる始末
まるで
田舎の農家の長男坊に嫁いだ嫁は
そんな場所までやっても意味ないだろう!って箇所まで
草むしりをやらなきゃ嫁失格と同じよう

町内会では
毎年 雑草の時期には
この嫁さんの茶飲み話で
無意味な持ち時間の退屈しのぎにはもってこい
手ぐすね引いて待っている

DSCF5663.jpg
FUJIFILM X100F PRO Neg. Hi

さて
神は人間を創ったのはいいが 最後までは面倒は見ない

こう言ったほうがシックリくるでしょうか

我が家には
目立つところに聖母マリアが佇んでおります
始めて訪れた人はまず
「Damselさんって キリスト教だったんですか?」って

めんどくさいので難しい話はしませんが
この世界の問題ごとのほとんどは
世界のリーダーがどうの ということよりも
ほぼ
あまりに大衆的だということなんだと思います

宇宙が始まって終わりまで
頭の中で早送りしてしまえば ただそれだけ

イチバン最初にiPhoneが出た時
目新しさからくる錯覚で
無意味なここに
一瞬
意味が生じたかのように

しかし
ただただ
やがてはすべて終わる
限られた時間内での現象の内の1つ

とにかく
神が気を使わない空気の読めないヤツなんで
こんな時に地震なんてしやがって
前から楽しみにしていたサッカーを
落ち着いて観られない
というみなさまも
昼飯は食べるかと思います

大好物のさばの味噌煮

メッチャクチャウマッ!
DSCF5616.jpg

もうそろそろ終了してしまう

エスプレッソ アフォガート フラペチーノ[レジスタードトレードマーク]

メッチャクチャウマッ!
DSCF5685.jpg

人と人の繋がりも
そこに意味が生じるのかもしれませんね
DSCF5683.jpg

今回の大阪の地震ですが
昨日も書きましたが
関東大震災で
あの時の恐ろしさを経験してる人でも
そこまで行って何か力になりたいのは山々だけど
「仕事もあるし ちょっと遠くて 行けないわ!」
という
ピーターシンガー氏が言うには
自分を過信する
自称「優しい紳士淑女」ということになります

すばらしい対談ですが
はたして
この長い動画を
スマホ上で
あるいはパソコンの前で
最後まで飽きないで観ることが出来るか

物事
そこまで言ってはキリがない?

どこからどの辺までが許容範囲なのか?

大衆のご都合主義と開き直りに掛かっているのか??

とどのつまり
そうした方がイイに決まっているけど
出来ない事?

引き続き当研究所では
この難問に力を注いでいきたいと考えております

リチャード・ドーキンスとピーター・シンガーの対談(日本語字幕)

前の3件 | -